近年に人気が高まっているボトックス注射【様々な効果が期待できる】

ボトックスは手軽にできる

医師

ボトックスの特徴

ボトックス注入という美容治療をご存知でしょうか。ボトックスとは、毒素の一つであるボツリヌス菌のことを指します。毒素を注入すると聞くこと不安に感じるものでしょう。しかし、このボトックス注入で利用されている量は、安全を考慮した量となっているので、安心して治療を受けることが可能です。このボトックスは、筋肉に作用する効果があります。その為、小顔効果やしわ解消効果、部分痩せ効果、多汗症改善効果などを得ることが可能です。目的に応じて様々な効果を感じることが出来るので、数多くの美容外科で取り入れられています。これらの効果の中でも注目されているのが、ボトックスの小顔効果です。近年、小顔に憧れる人は多く、需要が高まっています。今まで、小顔治療と聞くと、骨切り術や骨削り術などのメスを使用した大掛かりな手術が一般的でした。しかし、ボトックス注入の登場で気軽に小顔を目指すことが出来るようになっています。このボトックス注入の施術の流れは、以下の通りです。まず、医師によるカウンセリングを受けます。カウンセリング時には、ボトックス治療の効果や費用、副作用など、不安に感じている点を聞くことが出来ます。そして、医師の話に納得が出来て、治療への決心がついてから治療へ進むことになります。美容外科によっては、カウンセリング当日に治療を受けることが可能な病院もありますが、人気の病院だと、後日予約の上で治療を受ける必要が出てくる場合もあるので把握しておきましょう。そして、基本的に治療は30分程度で終わります。麻酔クリームを塗った後に、注射器でボトックスを注入するだけです。その後、すぐに帰宅することが出来ます。ダウンタイムもほとんどなく、メイクもできます。しかし、一つだけ注意点があります。ボツリヌス菌は熱に弱いということです。なので、お風呂やサウナ、激しい運動は避けましょう。また、クリニックを選ぶ際には、とリアル飼っているボトックスの種類を確認しておくと、高い効果を実感しやすくなります。日本の美容外科で使用されているボトックスは、アメリカメーカーのボトックス・ビスタとドイツメーカーのゼオミン、そして韓国メーカーのニューロノックスとリジェノックスです。それぞれ特徴が異なるので、実際に治療を受ける前に調べておきましょう。また、病院で取り扱っているボトックスがそれ以外のボトックスだった場合、きちんと医師にメーカーや安全性、効果の持続性などを確認しておいた方が安心でしょう。

Back to Top